京急刃物事件の寿司職人は誰?勤務地やデマ情報について調査!

2022年8月26日、午後6時40分ごろ東京都大田区の京急線穴守稲荷駅近くを走行中の急行電車の中で、「刃物を持った男性がいる」と110番通報があり、乗客が非常用ボタンを押し電車は緊急停止した騒動がありました。

最近、安倍元首相の銃撃事件など物騒な事件が多いこともあり、ネット上でもこの事件が話題になっています。

そこで、この刃物を持っていた人物についてや、現場の状況などをまとめましたのでご紹介します。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

犯人と思われた人物は寿司職人だった!?

newsdig.tbs.co.jp

8月26日の午後6時40分ごろに京急線穴守稲荷駅近くを走っていた電車内で乗客から「刃物を持った男性がいる」と110番通報があり、乗客が非常用コックを開けたため電車が緊急停止したことが、この事件の発端です。

たまたま乗り合わせていた私服警察官によって犯人の身柄が確保されましたが、事情を聞くと犯人と思われていた人物はなんと「寿司職人」であったため包丁を持ち歩いていたことが判明。

同署によると、刃物を所持していた男性は50代の寿司職人で、「神奈川県内の店舗から都内の店舗に異動になり、包丁などの道具を持ち帰っているところだった」と説明。

男性は刺し身包丁や洋包丁、出刃包丁の3丁をナイロン製の巾着にさやをつけた状態で持っていた。

酒を飲んで座席で寝ており、袋から包丁が落ちたとみられる。

www.sankei.com

座席で寝ながら持っていた袋が落ちてしまい、袋から3本の包丁が出てきたことで乗客がパニックになったということです。

bungu-uranai.com

最近、物騒な事件が多いため人を襲うために包丁を用意していたと勘違いされたみたいです。

仕事道具とはいえ自分自身はそんなつもりはなくても、周りから見たらやはり怖いですよね。

間違った情報で非常用コックを開けて逃げようとした人も!?

bousai.nishinippon.co.jp

詳しい内容がわかっていないのですが、どうやらデマ情報が流れていたことがわかっています。

SNSでもこのような投稿が見られました。

twitter.com
twitter.com
twitter.com

今は訂正されていますが、もともとニュースでも「全身刺青の男が包丁を振り回して暴れている」と報道されていました。

タトゥーが入っていた人物であった可能性は考えられますが、本人から警察に荷物を差し出すなど全く抵抗していないということで誤った情報であったと考えられます。

パニック状態なので誤った情報を伝えてしまったり、勘違いしてしまったりすることは十分考えられますので、わざとデマ情報を流したわけではないかもしれませんね。

寿司職人の詳細は!?

www.msn.com

身柄を確保された寿司職人は50代で神奈川県にある店舗から都内にある店舗に異動になったため、包丁を持参していたと報じられています。

逮捕されたわけではないので、この他の情報は出ておらず特定もされていません。

ただ神奈川県と都内に店舗があるということから、チェーン展開している寿司屋の可能性が考えられます。

それから京急の電車内であるため、京急沿線付近にある店舗である可能性もあります。

しかし、どれも憶測であり、正確な情報は今のところ全く出ていません。

世間の反応は!?

matomedane.jp

勘違いからパニックになり警察が出動することになった今回の騒動。

世間ではどのように受け止められたのでしょうか。

SNSなどの反応を見ていきたいと思います。

twitter.com
twitter.com
twitter.com
twitter.com

ドラマ「チムどんどん」の場面と同じようなことが起こったという投稿やコントのような話だという声、そしてどちらも悪くないと擁護する意見など様々な声が上がっているみたいですね。

まとめ

本記事では、京急刃物危険についてご紹介しました。

本記事でわかったことをまとめると

  • 寿司職人が移動中に電車内で包丁を落とし
  • たまたま私服警官がおり寿司職人は連行された
  • 寿司職人の情報は全く出ていない
  • SNSでは犯人を擁護したりと様々な意見が上がっている

今回の騒動で、日本人の危機管理の意識が昔よりも上がっているなと感じました。

何もなかったので、笑い話になっていますがこのように危ないと思ったらすぐに行動に移せることはとても素晴らしいと思います。

被害者が出なくて本当に良かったと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA