ジャマル・ムシアラってどんな選手?プレースタイルや経歴、家族について調査!

バイエルンの若きエースとして活躍しているジャマル・ルシアナ選手。

10代と若いにもかかわらず、彼の成績には周囲からも注目され、将来が期待されている選手です。

そんなルシアラ選手は、どのような経歴を持っているのか、そして彼の今の年俸と彼の家族構成について調査したのでご紹介します。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

ジャマル・ムシアナのプロフィール

https://www.instagram.com/
  • 名前:ジャマル・ムシアラ
  • 出身地:ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト
  • 生年月日:2003年2月26日
  • 身長:184cm
  • 体重:72kg
  • 所属:FCバイエルン・ミュンヘン
  • 背番号 42
  • ポジション:FW
  • 利き足:右足
  • 父親  ダニエル・リチャード ナイジェリア人
  • 母親  キャロリン・ムシアラ ドイツ人

ジャマル・ムシアラってどんな選手?

バイエルンミュンヘンの期待の新星ジャマル・ムシアラ選手はフリック監督に見出された才能ある選手であることで話題となっていますね。

そこでここではどんなプレーをするのかご紹介したいと思います。

まずは、動画でムシアラ選手のプレーを見てみましょう!

www.youtube.com

バイエルンでは主にウイングでの起用が多いようですね。

スピードのあるドリブル突破やコントロールされたシュートが武器であることが動画からもわかるように個人でDFラインを突破できる選手であるため試合の流れを変えることのできるスーパーサブの役割で起用されることが多い選手です。

この技術でまだ10代なので、どのように成長して行くかとても楽しみな選手ですね!

家族

https://lifebogger.com/ja/

キャロリン・ムシアラ(母親)

ドイツ人でムシアナ選手はお母さんの母国、ドイツのシュトゥットガルトで誕生しています。

勉強熱心なお母さんで、7歳の頃に母親がサウサンプトン大学で社会学を学ぶために家族でイギリスへ移住しています。

ダニエル・リチャード(父親)

ナイジェリア人。なんと元ナイジェリアのプロサッカー選手です。

ムシアラ選手がサッカーを始めたのはこのお父さんの影響が大きかったようです。

熱心に息子の応援するあまり、ピッチに侵入して審判に注意されることもあったとか。

ラティシャ・ムシアラ(妹)

残念ながら今何をされているかの情報は得られませんでしたがバイエルンのファンでムシアラ選手がバイエルンミュンヘンに加入したのをとても喜んでいたそうです。

ジェレル・ムシアラ (弟)

残念ながら彼の情報はありませんでした。年齢からも今は学生でしょうか。

経歴

2011年から2019年までチェルシーFCのユースに所属。

2019年にドイツのバイエルン・ミュンヘンへ移籍し、2021年に2026年までのプロ契約を結んでいます。

2020年フライブルク戦でブンデスリーガでデビューし、翌年の2021年にはアイスランド代表戦でA代表デビュー。

ドイツ代表としてはU-16で2試合プレーしたのみですが、イングランド代表としてはU-15、U-16、U-17、U-21と出場していました。ですが2019年にバイエルン・ミュンヘンへ移籍したこと、ドイツの監督から熱烈に勧誘されていたこともあってか、2021年に正式にドイツ代表を目指すと表明。

ムシアラ選手はお母さんの母国であるドイツ、お父さんの母国のナイジェリア、そして住んでいるイングランドでプレーする権利がありましたが、実際は生まれ故郷ドイツと育った国のイギリスのどちらの代表になるのか、周囲からもかなり注目され、ムシアナ選手は当時深く悩んでいたそうです。

ドイツ代表を選んだ後、こう語っています。

「僕の胸には2つのハートがある。1つはイングランドで、もう1つはドイツだ。どちらのハートも、これからもずっと動き続けていくんだ」

https://number.bunshun.jp/

17歳で両国から勧誘され、周囲からプレッシャーの中での決断はムシアナ選手にとってかなりの重圧だったでしょうね。

本人にしか決めれない事だからこその葛藤があったと思います。

最年少記録保持者

https://www.theworldmagazine.jp/

ムシアラ選手はブンデスリーガでの最年少記録を数多く更新しています。

EUROのDFBポカール(ドイツカップ)のトーナメント戦出場の最年少記録を更新(2020年)。(17歳)

バイエルン・ミュンヘンでの出場最年少記録を更新(2020年)。

バイエルン・ミュンヘンの最年少得点記録を更新(2020年)。

プロデビューして印象に残るプレーをし、すぐに結果を出しているムシアラ選手。同チームの選手であり、ドイツ代表でもあるジョシュア・キミッヒ選手がムシアラ選手についてブンデスリーガ公式サイトでコメントしていました。

ジャマルは非常に優れたボールスキルと明晰な頭脳を兼ね備えている。ピッチ上では、常に僕らから学ぼうとする姿勢も感じ取ることができて、本当に素晴らしい選手だと思うよ。バイエルンの歴史に名を残すことができる人物だと思う。僕もその手助けができたら、これほど嬉しいことはないね」

https://www.theworldmagazine.jp/

まとめ

本記事ではジャマル・ムシアラ選手のプレースタイルや家族構成、経歴についてご紹介しました。

本記事でわかったことをまとめると

  • 個人技が優れているためスーパーサブの役割が多い
  • ドイツリーグ、バイエルンミュンヘンでの出場最年少記録、ブンデスリーガ最年少得点記録保持者
  • 父は元プロサッカー選手で母は大学で博士号を取得している
  • チェルシーユース出身

これからのバイエルミュンヘンを引っ張っていく存在になりそうなムシアラ選手。

どんなスター選手になるのかこれから目が離せません!

そんなムシアラ選手のこれからの活躍に期待してこれからも応援していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA